アレルギー性鼻炎

症状と原因

発作性再発性のくしゃみ、水性鼻漏、鼻閉が3主徴です。
つまり風邪もひいていないのにくしゃみ、鼻水、鼻づまりが生じます。

症状が1年中ある場合と季節性に症状がある場合とがあります。

アレルギー物質が鼻の中に入ってくると、体が要らないものだと判断して、くしゃみで吹き飛ばし、鼻水で洗い流そうとします。
さらにそれがひどくなると、鼻をつまらせて入ってこないようにしてしまうのです。

このような症状が過剰に起こる状態を「アレルギー性鼻炎」と呼んでいます。

原因となるアレルギー物質は、日本ではハウスダスト(ダニ)が最も多く、次にスギ花粉、その他にはイネ科花粉、ブタクサ花粉、ヒノキ花粉、イヌ・ネコの毛 等があります。

治療方針

薬物療法

最も一般的に行われている方法です。内服薬、ステロイド点鼻薬等を主に使用します。
症状の程度によっては内服薬を数種類、使い分けて処方します。

アレルゲン免疫療法

従来から実施されている皮下注射法によるアレルゲン免疫療法は当院では行っておりません。これから普及するであろう舌下免疫療法(舌の裏側にアレルゲンを滴下し、浸透させて行う免疫療法)については初診および適応を決める検査を本院で受けて頂きます。 検査の結果、適応があり、治療が開始されましたら、引き続いて当院で加療 していただくことができます。

手術療法(サージトロン)

強い鼻づまりがあったり、薬物療法等で鼻づまりの改善がみられない場合には手術をおこないます。

手術の方法にも色々とあるのですが、当院ではサージトロンという高周波メスで鼻粘膜を焼灼しアレルギーを起こりにくくします。この方法は外来手術で可能で、疼痛、出血等の合併症もほとんどみられません。有効率は80%前後です。現在当院では実施しておりませんが、本院では 行っております。適応のある方に対してはご相談に応じ、本院と連携を取っております。

アレルギー性鼻炎をコントロールしよう

アレルギー性鼻炎を発症された方のお鼻の中を覗いてみましょう。

パンパンに腫れていることがわかりますね。

そして、治療を受けられて腫れがひいた状態の写真がこちらです。

すき間が確保できて、こちらであれば、鼻で呼吸も出来そうですね。

しっかりと治療をすればこのような状態にすることができますし、症状が軽くなり、日常生活もつらい思いをしなくて済みます。

もちろん体質が根本的に変わる訳ではないのですが、いわゆる「上手くコントロールができる」ようになると上記の治療後のお鼻の状態で常時過ごせるようになります。

長くアレルギー性鼻炎を患っていると少し良くなっただけでも「良くなった!」と思いがちですが、しっかりと治療やアレルゲンからの予防を行えば、もっと良い状態が待っています。

諦めずにしっかりと治療・対策を行いましょう!

疾患Q&A

アレルギー性鼻炎になられた際に浮かんでくる疑問や心配の数々・・・。
あいばクリニックでよくお受けするアレルギー性鼻炎に関しての質問をまとめてみました。

Q.アレルギー性鼻炎と花粉症は違うのでしょうか?
花粉症はアレルギー性鼻炎の季節性のものに分類されます。
世間でいう花粉症はスギ花粉に対するアレルギー性鼻炎のことを指している場合が殆どです。実際には花粉は他にも沢山ありますので、年中を通していわゆる花粉症の患者さんはいらっしゃいます。
Q.喘息とアレルギー性鼻炎は関係があるのでしょうか?
いずれもアレルギー反応である為、深い関係があります。近年、アレルギー性鼻炎の症状がひどくなると、喘息の発作も起こしやすいというデータも出てきています。 アレルギー性鼻炎をコントロールすることで喘息発作の回数、症状を緩和できるので鼻症状のコントロールを行うことはとても大切です。
Q.何歳からアレルギーの検査は可能ですか?
暴れずに採血ができれば何歳からでも可能です。
Q.何歳からアレルギー性鼻炎になる可能性がありますか?
一般的にアレルギー性鼻炎を発症しやすくなるのは3歳以降です。稀ですが最近ではもっと低年齢のお子様がアレルギー症状を起こしている例も見受けられます。実際には、小学生になって学年が進むにつれて発症するお子様が増えてゆきます。
Q.ステロイドの点鼻薬を長期間使用しても大丈夫なのでしょうか?
ステロイドは全身投与の場合には注意が必要ですが、点鼻薬の場合には局所に用いるために体内への成分の吸収はほとんどなく、 長期であってもそれほど神経質にならずにお使い頂けます。むしろ市販の血管収縮剤入りの点鼻薬はの長期間の使用は、薬剤性鼻炎につながりますので控えるようにしてください。