外耳炎

症状と原因

耳の入り口(耳の穴)から鼓膜までのトンネルを外耳道と呼びます。
この外耳道に炎症が起こることを指します。
一般的には何もせずにこの外耳道に炎症が起きることは稀で、多くの場合は耳かきや綿棒、あるいは指で外耳道を触って外耳道が傷つき、そこから細菌が感染して炎症が起きる場合が殆どです。
痛みと共にかゆみを伴うため、炎症を起こした後でもまた耳かきなどで触ってしまい、炎症を悪化させる場合も多いのが特徴です。炎症が起きてウミが出ても耳かきを続けていくと、慢性化して治りづらくなります。

治療方針

耳漏やかさぶたが多く付着しているときはそれらを取り除き、皮膚の炎症を抑えていくため、消毒薬で消毒をしたり軟膏を塗布していきます。耳せつ(外耳炎で小さなウミだまりができたもの)、細菌感染が疑われ、症状が強い場合には抗菌剤や鎮痛剤の投与、時に切開排膿を行うこともあります。真菌(カビ)が感染することもあり、その際には消毒に合わせて、抗真菌薬軟膏を塗布していきます。痒みがひどく我慢できない時には痒み止め(抗アレルギー薬)を処方することもあります。耳を触らないようにしていただきます

気を付けて頂きたいこと

耳には自浄作用があるので、耳掃除は毎日する必要はありません。月に一度するかしないかくらいでも十分であることが多いです。また、耳の入ってすぐ1㎝くらいまでのところまでの掃除で十分です。それ以上奥になると外耳道骨部と言って非常に皮膚の薄い場所になっていくので綿棒でも容易に細かい傷がつき外耳炎を発症しやすくなります。

疾患Q&A

外耳炎になられた際に浮かんでくる疑問や心配の数々・・・。
あいばクリニックでよくお受けする外耳炎に関しての質問をまとめてみました。

Q.習慣的に耳かきをする癖があり、まれに出血する場合もあるのですが、放置しておいて大丈夫でしょうか?
癖になっている耳かきは外耳炎を起こしている可能性が高いです。まれに出血するということはかなりの力で外耳道を掻いているということになります。
耳鼻科を受診していただくことをお勧めします。
何より触らないことが最も重要です。
Q.耳かきと綿棒はどちらが耳掃除に適していますか?
あまりどちらもお勧めしませんが、綿棒のほうがまだましだと思います。耳掃除の際に却って耳垢を外耳道の奥へ詰め込んでしまい難聴を起こしたり、痛みの強い外耳炎を発症することがあります。耳垢が気になるようでしたら耳鼻科を受診されることをお勧めします。
Q.外耳道炎は再発する病気でしょうか?
外耳道に炎症の起きるようなことがあれば再発します。
むやみに耳かきをしない、異物(水、綿棒など)を入れないことで再発を予防することができます。
Q.外耳道炎の間はプールは止めておいた方が良いですか?
痛みがなく、じくじくに耳漏が出ていなければ可能です。ただし、耳の中に水が入らないように注意が必要です