急性中耳炎

症状と原因

耳の奥と鼻の奥は耳管と呼ばれる管でつながっています。
鼻かぜをひいた後で、鼻の奥で鼻水が多いとその耳管という管を介して鼻水のばい菌が耳の奥に入ると急性中耳炎となります。

3歳以下のお子さんの70~80%は一度はかかります。カゼの炎症の後に発症する中耳の炎症であり、一般の方に思われているような耳の外から水や菌が入って急性中耳炎になるのはまれなケースです。
(よってプールやお風呂の水が耳に入っても心配いりません。)

症状としては、

  • 耳痛
  • 耳だれ
  • 難聴
  • 耳のつまり感

などの耳の症状の他に、発熱や食欲不振、幼少児では不機嫌などの全身症状がみられます。

まれに内耳炎や、髄膜炎(脳膜炎)など重い合併症をおこすことがあります。

子供に中耳炎が多い理由

小児に急性中耳炎が多いのは、小児の耳管(耳と鼻をつなぐ管)が太く短く、水平なため、細菌が波及しやすいためです。最近は薬があまり効かない細菌が増えてきて、小さなお子様は治りが悪くなってきています。

治療方針

お鼻の奥と中耳は繋がっているため、まずはお鼻の治療を行い、お鼻の奥をきれいにしてゆきます。鼻が多い方の場合は通院して頂き、処置をしっかりと行います。

中耳のばい菌は抗生剤でたたくことができますが、その残骸は耳管を通して鼻の奥に排出されていくのですが、鼻の奥が詰まっていると、治癒が遅くなります。

安静にしていただき、痛みが激しい場合には痛み止めを使い、消化の良い食事と水分補給をして頂きます。
経過や重症度、発症の原因によっては、抗生剤を使用して原因となる菌をたたき、炎症を食い止めます。

鼓膜の切開について

鼓膜の発赤や腫れが著しかったり、激しい耳の痛み、あるいは高熱、頭痛がある場合には、鼓膜に少しだけ穴を開け、中耳より膿を出す場合もあります。

気を付けて頂きたいこと

  1. 一般的には耳管の形の違いから、
     ・子供は急性中耳炎になりやすい代わりに治りやすい
     ・大人は急性中耳炎になりにくい代わりに治りにくい
     と言われています。
     さらにいずれの場合でも、お鼻が多い場合は治りが遅くなります。
  2. 痛みが無くなったから治った、ということではありません。特にお鼻が多い場合には治りが遅く、そのまま滲出性中耳炎に移行することもしばしば見受けられます。
  3. お鼻が多ければお鼻の治療も含めてまめに通って頂いたほうが治りも早くなります。耳だれが出ている場合、鼓膜切開の後などは頻繁に通院して頂きます。
  4. 入浴は、耳痛、発熱のある間は、控えて下さい。
    (詳細は裏面をご覧ください。)
  5. 熱・痛みがなく、体調が安定していれば幼稚園や学校に行って頂いても大丈夫です。
  6. 乳・幼児の場合には、免疫が十分に発達していないため、くり返し再発し、また完治までには長期間要する場合があります。(特に集団保育のお子様はその傾向が強いです。)そのような場合であっても大切なことは、その都度きっちりと中耳炎を治していくことです。
  7. 普通、カゼの症状の後に中耳炎になることが多いので、小児科などからお薬の出ている場合にはお知らせください。

疾患Q&A

中耳炎になられた際に浮かんでくる疑問や心配の数々・・・。
あいばクリニックでよくお受けする中耳炎に関しての質問をまとめてみました。

Q.中耳炎になるとお風呂には入ってはいけませんか?
当院では耳痛、発熱、耳だれがない場合は湯船に潜ったりしない限りはOKです。洗髪する時は入口に綿やティッシュで耳栓をして頂くと良いでしょう。
Q.それではプールはどうですか?
プールについては、急性中耳炎の場合は・・・、
一度、医師までご相談ください。
鼓膜の急性炎症がとれ、鼻水が出なくなればOKを出すようにしています。
(潜るのは控えるようにして下さい。)
鼻から水を吸い込まないようにお子様に注意してあげて下さい。
Q.どういった場合に鼓膜切開は行うのでしょうか?
鼓膜の切開は、鼓膜の腫れがひどい場合、高熱の原因になっている場合に鼓膜をほんの少し開くことでウミや貯留液の排泄を促し、熱を下げたり、細菌の量を減らして薬の効果を高めることを目的として行います。(特に小さな乳幼児の高熱を下げる場合には当院では積極的に行います。)
Q.鼓膜切開は痛いのでしょうか?
当院では全例に対して鼓膜麻酔を行った後に切開を行います。小さなお子様の場合には処置をする前から泣いている場合もありますが、実際の切開を行う際には痛みを感じないようにして行いますのでご安心下さい。