突発性難聴

症状と原因

突発性難聴とは、

  1. 突然に発症する
  2. 原因不明の
  3. 音が聞こえにくくなる状態

という3つの特徴を持つ症状です。

原因は、聴こえの神経への血流障害やウイルスによる障害、ストレスなどが考えられていますが、今の所よくわかっていません。

症状としては、突然に聴こえが悪くなったり、場合によっては耳がふさがった様な感じになって発症します。また、耳鳴りやめまいが伴うことがあります。

治療方針

突発性難聴は治療によって回復が期待できる可能性のある数少ない難聴のひとつです。発症後約一か月で聴こえは固定してしまう場合が多いので、出来るだけ早く(出来れば発症1週間以内に)治療を開始することが重要です。早期発見早期治療です。

他の耳疾患がなく、聴力検査で異常を認めた場合、以下の治療をすることとなります。

1. 心身の安静

  • 日常生活は平常通りでかまいませんが、1~2週間は重労働や精神的ストレスが加わらないようにしましょう。
  • 仕事上、診断書や証明書の必要な方はご相談下さい。

2. 薬物治療
軽症であれば飲み薬、重症になってくると点滴によって治療します。症状やめまい・糖尿病などの合併症があると入院の上、治療をする事もあります。(その際は病院を紹介致します。)
メインの薬は副腎皮質ホルモン(ステロイド)です。早期で軽症であれば内服で、中等症以上や時間が経っている場合には最初から点滴をお勧めします。点滴は基本的に1週間程度は毎日通院して行うこととなります。

治りが悪いようであればさらに1週間、別の点滴を行う場合があります。

低音障害型急性感音難聴:以前は突発性難聴としていましたが、厚労省の研究により比較的よく治るため別疾患として分類されています。
多くは内耳(聞こえの神経のある部分)のむくみによって生じています。そのため、むくみを取る薬をメインに治療をします。

疾患Q&A

突発性難聴になられた際に浮かんでくる疑問や心配の数々・・・。
あいばクリニックでよくお受けする突発性難聴に関しての質問をまとめてみました。

Q.突発性難聴は治るのですか?
程度は様々ですが、すべての突発性難聴の方の中で、治る方が3分の1、治らない方が約3分の1、改善はするが戻り切らない方が約3分の1といった所でしょうか?
Q.今から治療しても間に合いますか?
神経の病気ですので、出来るだけ早いほうがいいと言われていますが、1週間以内であればあまり大きな差は無いように思います。ただし、2週間以上経過すると治療成績は悪くなります。1カ月以上経過してしまうと、症状が固定してしまうので、この状態での点滴などの積極的治療はお勧めしていません。
Q.突発性難聴に伴うめまいは治るのでしょうか?
めまいは必ず落ち着きます。ただし、難聴そのものはめまいを伴っていない場合に比べて、改善率は悪くなってしまうようです。
Q.どうしても点滴をしないといけないでしょうか?
中等症以上の方や、既に時間がある程度経過している方には是非ともお勧めしています。治療開始のタイミングが非常に重要な疾患ですので、タイミングを逃すことなく後で後悔することの無いよう、積極的な治療を受けられることをお勧め致します。ただし、糖尿病のある方に対しては当院に於いて点滴は実施できませんので、その際はご紹介させていただきます。